タイトル 風の湧くところ
刊行日 2015年10月
著者 中村邦生 (著)
定価 2200円+税
ISBN 978-4892194023
Cコード 0093
ページ数 224ページ
判型 四六
製本 上製
  • 内容

    旺盛な好奇心が呼び寄せる〈不思議の断章〉
    少年時代のノスタルジー、あるいは日常の陰影、または夢の奔流……。エッセイか?小説か?ショートストーリー19篇。

  • 著者紹介

    1946年東京都生まれ。作家。大東文化大学文学部で比較文学、英米文学、文章制作法などの講座を担当。主な著作に『月の川を渡る』(芥川賞候補作「ドッグウォーカー」収録、作品社)、『風の消息、それぞれの』(芥川賞候補作「森への招待」収録、作品社)、『チェーホフの夜』(『文學界』新人賞受賞作「冗談関係のメモリアル」収録、水声社)、『転落譚』(水声社)、『〈虚言〉の領域--反人生処方としての文学』(ミネルヴァ書房)、『書き出しは誘惑する』(岩波書店)、『生の深みを覗く』〈編著〉(岩波書店)、『この愛のゆくえ』〈編著〉(岩波書店)