風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422





<キップコップ>シリーズ

〈キップコップ〉シリーズ 全7冊

マレーク・ベロニカ(文・絵) ハンガリーの絵本

だいどころの物置に住んでいる、とちの実の男の子キップコップ。
とちの実の女の子ティップトップ、シジュウカラなどの森の仲間たちとくりひろげる、ハンガリーの森のお話。

マレーク・ベロニカ
1937年ハンガリーのブダペスト生まれ。国立人形劇場のスタッフとして働いた後、絵本作家に。その作品は世界中の子供たちに、ずっと愛され続けている。主な作品に『ラチとライオン』『ボリボン』(福音館書店)、〈ブルンミとアンニパンニ〉シリーズ、〈キップコップ〉シリーズ、『ぼくとおにいちゃん』『のりものにのって』『きのうきょうあした』(風濤社)など。

羽仁協子(はに・きょうこ)
1929年東京生まれ。ライプツィヒ音楽大学卒業後、ブダペスト音楽大学講師に。帰国後、音楽を通して子供の心を豊かにする独自の教育に力を注ぐ。主な著訳書に『子どもと音楽』(雲母書房)、〈ブルンミとアンニパンニ〉シリーズ、〈キップコップ〉シリーズなど。




キップコップどこにいるの?
マレーク・ベロニカ(文・絵)/羽仁協子(訳)/本体1,300円

森でなかよく暮らすキップコップとティップトップとキピコピたち。 ある日、すごいかぜがふいて、キピコピのはっぱちゃんが行方不明に! キップコップは助けにあらしのなかをとびだしました。 次の日、はっぱちゃんは帰ってきたのに、キップコップはどこ?




キップコップと12のつき
マレーク・ベロニカ(文・絵)/羽仁協子(訳)/本体1,200円

キップコップと一緒にめぐる12ヶ月間。
1月は雪だるまのお話、2月はつららのお話…… ひと月ひと月にマレーク・ベロニカさんの あたたかい想いがこめられています。




キップコップのこどもたち
マレーク・ベロニカ(文・絵)/羽仁協子(訳)/本体1,200円

仲良く暮らしはじめたキップコップとティップトップのもとに、 かわいいこどもたちがやってきます。 ふたりは、やんちゃなこどもたちにてんてこまい。 はたして、この小さな新しい家族と 一緒に楽しく暮らしていけるでしょうか?




キップコップのクリスマス
マレーク・ベロニカ(文・絵)/羽仁協子(訳)/本体1,200円

「もみのきが部屋のなかでそだっていたよ!」 シジュウカラに聞いたキップコップは、さっそく 黄色いおうちに行ってみることに。 クリスマスを知らないキップコップ さて、そこで見たものは!?




キップコップとティップトップ
マレーク・ベロニカ(文・絵)/羽仁協子(訳)/本体1,200円

空から舞いおりた、とちの実の女の子ティップトップ。 とまるところを探しますが、リスもチョウチョもカエルのおうちも ティップトップにはあいません。 ひとばん寒い夜をすごすと、キップコップがあらわれて…… キップコップとティップトップの出会いのお話。




くさのなかのキップコップ
マレーク・ベロニカ(文・絵)/羽仁協子(訳)/本体1,200円

いっしょに遊んでくれる仲間をさがしに、 夏の森に出かけるキップコップ。 バッタやアリやトカゲなど いろいろないきものに出会うけれど、うまく遊べません。 さあ、ともだちはみつかるかな?




ゆきのなかのキップコップ
マレーク・ベロニカ(文・絵)/羽仁協子(訳)/本体1,200円

「仲間のシジュウカラにくるみを届けて!」 と、たのまれたキップコップ。
けわしい雪のなか風がつよくてなかなか進めません。
がんばれ、キップコップ!

ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社