風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422





日本文学(小説・エッセイ)




ジャック日記──she is 92 years old
木村かほる(著)/本体1,300円

90歳をこえたら、母がジャックになっちゃった! 画家の娘から見た、笑いありケンカありの92歳の母、介護絵日記。




ロボブーマー
菴連也(著)/本体1,400円

2000万人に1人のボクは、絵の中で楽しく遊ぶ。ポップで明るい色づかいの絵は下書きもなく一気に描かれ、ロボットたちがユーモアたっぷりに動きだす!
難病「高IgD症候群」と闘う16歳が描く画文集。




読書空間、または記憶の舞台
20世紀文学研究会(編)/本体2,800円

どのような本でしょうか? あなたの読書地図に、輝く樹のように立っていたのは。あるいは道の辺の石のように、ひっそり存在していたのに、やがて思わぬ道しるべとなって、深い読書の森に誘ってくれた本は。読書の時空に広がる記憶の舞台へご招待。




かつてシモングの谷間にて
高橋よし子(著)/本体1,800円

ニューヨーク州コーニングを一番の故郷にして──。1969年からの9年間、仕事をしながら大学に通った青春の日々。すべてが充実のなかにあった、素晴らしき人々をめぐる随筆。




迦夜と迦羅の物語 少年とふたりの飛天
宇佐美 陽一(文)/としくら えみ(絵)/本体1,800円

3.11以降の子どもたちへ──。ふたりの天使が少年に奇蹟を起こす……希望の光と歌を届ける絵本。シュタイナー哲学を伝える二人による次世代への祈りのコラボレーション!




風の湧くところ
中村邦生(著)/本体2,200円

旺盛な好奇心が呼び寄せる〈不思議の断章〉。少年時代のノスタルジー、あるいは日常の陰影、または夢の奔流……。エッセイか? 小説か? ショートストーリー19篇。中村邦生最新短篇集。




あの子へ
高橋よし子(著)/本体1,600円

もう元には戻らない愛を、思い出に傾く愛を、未練をこえて、その出会いを奇跡のものとし再会を思う。あるときはひりつく感情を垣間見せ、あるときはユーモアで包み込む、高橋よし子第四詩集。




スコープ少年の不思議な旅
巖谷國士(文)/桑原弘明(作品)/本体2,000円

桑原のスコープ作品に惚れ込んだ巖谷國士が、作品からインスパイアされ幻想旅行譚をつむぐ、しあわせな、極上のコラボレーション! 貴重な設計図、新版によせた巖谷國士「窓からの眺め」で16頁を増補。ファン待望の復刊! CDよりひとまわり大きな、オブジェのような本。プレゼントに最適。




貝の穴に河童の居る事
泉鏡花(著)/石塚公昭(人形・写真)/本体2,200円

この河童、鏡花に見せたかった! 鏡花の短篇に、人形作家・写真家の石塚公昭が挑む挿絵本の範疇を超えたビジュアルブック、新大人の絵本。鏡花生誕140年記念!




イルミネイション
澤井繁男(著)/本体1,800円

死産した娘に供えた水を飲むと妻のからだは発光した──
恋人や家族の〈絆〉を断ち切った新たなる出発、わだかまりを残したままの別離……。生と死の絡まる糸をつむぎ、主人公それぞれの〈訣れ〉を平明な文体で描いた静謐な5篇。待望の第8小説集。




空飛ぶだんごむし
葉山有樹(著)/本体2,000円

森の奥底に迷い込んだ子鹿、命の恩人は団子虫だった──
氷河の働きによって土の層の浅いフィンランド。2008年の個展開催で北欧の地に招かれた著者は、遠く日本の厚い腐葉土に覆われた大地──そして団子虫を想い、この物語が生まれた。挿絵も美しい、森の命の物語。




お空の国のみことくん
おおます まこと(作・絵)/本体1,300円

神話の国・出雲の空で、きっとどこかでみこと様が私たちを見守っている……
佐野史郎氏 推薦! 「こんなちいさなかわいらしい神話だけれど、お空の国の雲のむこうにはあらゆる秘密がかくされている。やさしくもありこわくもある、魂の絵物語」




楠ノ木考 田所泉作品集
田所泉(著)/本体2,200円

田所泉の73年の生涯の文業を、若年、壮年、晩年の三部にまとめた追悼の書。




上西晴治短編全集 ポロヌイ峠
上西晴治(著)/本体4,800円

稀有な迫力をもってアイヌの生活を描いた小説群──
北海道十勝地方を舞台に、近現代化の波にはじき出されゆくアイヌの人々を描く上西文学。私たち和人が失ってしまった人間としての大切な「何か」を伝え、従来の日本文学に欠けたエネルギーが満ち満ちている。




横浜・湘南の文學風景を歩く
大島和雄(著)/本体1,600円

歩きながら文学を楽しもう!
中島敦、尾崎紅葉、田村俊子、北原白秋ら日本の近代文学を築いた作家たちの面影を求めて、湘南の地にある数々の文学碑、墓を訪ね歩く。著者が長年、文学サークルと共に歩きつづけて見つけたユニークなコース満載!

ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社