風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422





〈大村はま〉の本

73歳まで中学校の国語教師をつとめ、98歳まで「国語教育」の講演を通じて、実践者でありつづけた大村はま。大村単元学習」として知られる、工夫に満ちた創造的な教育実践を伝える。

☆【新装版】〈大村はまの日本語教室〉日本語を育てる 本体1800円
☆【新装版】〈大村はまの日本語教室〉日本語を鍛える 本体1800円
☆【新装版】〈大村はまの日本語教室〉日本語を味わう 本体1800円

☆大村はま講演集〈上巻〉 人と学力を育てるために 本体3800円
☆大村はま講演集〈下巻〉 教えながら教えられながら 本体3800円

大村はま(おおむら・はま)
1906年横浜生まれ。1928年東京女子大学卒。長野県諏訪高等女学校教諭となる。1938年府立第八高等女学校(のちの都立八潮高等学校)へ。1947年新制中学校発足と同時に中学校に転じ、深川第一中学校、目黒第八中学校、紅葉川中学校、文海中学校、石川台中学校に勤務。退職後も「大村はま国語教室の会」を中心に多くの講演活動、著述活動を続ける。1960年東京都教育功労賞、1963年ペスタロッチ賞受賞。2005年98歳で没。




【新装版】〈大村はまの日本語教室〉日本語を育てる
大村はま(著)/本体1,800円

「若い世代に伝えたい日本語のこころ── 教育がないがしろにしてきた「聞くこと・話すこと」、そして「読むこと」「書くこと」。50年間、現場に立ちつづけた著者の日本語を育てる知恵と工夫満載。 『大村はまの日本語教室』三冊シリーズ!




【新装版】〈大村はまの日本語教室〉日本語を鍛える
大村はま(著)/本体1,800円

ことばは生活場面のなかで生きている──
ことばは意味だけでなく、感性とペアで覚えてはじめて本物になる慣用語句を中心に、日本語をじっくり味わってみよう。『大村はまの日本語教室』三冊シリーズ!




【新装版】〈大村はまの日本語教室〉日本語を味わう
大村はま(著)/本体1,800円

ことばは生活場面のなかで生きている──
ことばは意味だけでなく、感性とペアで覚えてはじめて本物になる慣用語句を中心に、日本語をじっくり味わってみよう。『大村はまの日本語教室』三冊シリーズ!




大村はま講演集〈上巻〉──人と学力を育てるために
大村はま(著)/本体3,800円

大村はまが52年間にわたる教壇生活から、さらに97歳の今日まで問い続けてきた「教育とは何か」「教育者とは何か」と言う根元的思いを、若い教師、親たちに熱く語った講演15篇を収める。




大村はま講演集〈下巻〉──教えながら教えられながら
大村はま(著)/本体3,800円

身を持って教えることの大切さ。生きいきとした教室、魅力のある教室をどうつくっていくのか。大村はまの国語教室の根幹をなす単元教育を創る創意工夫の数々を語った講演14篇を収める。

ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社