風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422






四六判上製
176ページ
2016年1月発行
本体2,400円
ISBN978-4-89219-408-5


amazonで購入


hontoで購入


丸善&ジュンク堂で購入


力への意志──ニーチェ肉体論
眞田収一郎(著)

ニーチェの思考はコギトではなく、肉体の思考である。

カントの超越論的な自我に代わって、ニーチェは肉体の自我を主張する。肉体の思考、その奥処にあるのは「力への意志」――それは「超人」「永劫回帰」と並ぶニーチェの中心概念。意欲的ニーチェ論。

【目次】
第一章 ニーチェの肉体一元論
第二章 「大いなる理性としての肉体」と「力への意志」
第三章 「力の感情」
第四章 高貴な人間
第五章 カント「超越論的自我」とニーチェ
あとがきにかえて「力への意志の象徴」――肉体の理性の象徴としての「超人」

眞田収一郎(さなだ・しゅういちろう)
昭和15年東京都に生まれる。慶應義塾大学文学部卒(哲学専攻)。主に九州大学と日本大学で教鞭を執る。現在、ニーチェを中心にした翻訳に従事。主な訳書にE.プファイファー編『ニーチェ・レー・ルー――彼等の出会いのドキュメント』、G.スタック『ニーチェ哲学の基礎――ランゲとニーチェ』、M.モンティナーリ『全集編者の読むニーチェ――グロイター版全集編纂の道程』(ともに未知谷)、『ニーチェの手紙』(茂木健一郎編、ちくま学芸文庫)、ヘルマン・マローン『日本と中国』(雄松堂)、アーサー C. ダント『哲学者としてのニーチェ』、キャロル・ディース『ニーチェと女性たち――鞭を越えて』(ともに風濤社)などがある。

【訳者関連本】
アーサー C. ダント(著)/眞田収一郎(訳・解説)『哲学者としてのニーチェ』
キャロル・ディース(著)/眞田収一郎(訳・解説)『ニーチェと女性たち 鞭を越えて』
ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社