風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422






四六判上製
480ページ
2008年8月発行
本体2,800円
ISBN978-4-89219-306-4


amazonで購入


hontoで購入


丸善&ジュンク堂で購入


知られざるインド独立闘争(新版)
A・M・ナイル(著)

日本初の本格的なインド料理店、東京銀座「ナイルレストラン」の創業者はインド独立運動家だった──
インド国民軍、インド独立連盟の組織者として、ラシュ・ビハリ・ボース、スバス・チャンドラ・ボースらと反英インド独立闘争を展開したA・M・ナイルが歴史の真実を語る……。

「1990年4月22日、本書の著者であるA・M・ナイルが故郷のトリヴァンドラムで亡くなった。インド独立後も日本にとどまったインド独立運動家死去のニュースは、故郷の新聞だけでなく、日本でも全国紙で大きく掲載され、NHKの夜の9時のニュースでも報じられた。しかし、いつしか多くの日本人はナイルをインド独立運動家よりも、日本初の本格的なインド料理店『ナイルレストラン』の創業者として記憶するようになった」(芳野学「序文」より)

A・M・ナイル
1905年インド、ケララ州に生まれる。1928年来日。京都帝国大学土木工学科に留学。1942年インド独立連盟設立に参画。以後終戦まで一貫して、インド独立のための諸運動にたずさわる。1949年ナイル商会設立。東京銀座に「ナイルレストラン」を開店。1984年勲三等受賞。1990年インドのトリヴァンドラムで死去。
ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社