風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422






四六判上製
210ページ
2006年1月発行
本体1,800円
ISBN978-4-89219-275-9


amazonで購入


hontoで購入


丸善&ジュンク堂で購入


アカシアの町に生まれて──劉鴻運自伝
劉鴻運(著)/田所泉(訳)

故郷の大連へ、
半世紀を超えて、
忘れえぬ旧友たちへ──

資産家劉家に生まれながら、時代の荒波に翻弄される嫡子鴻運。満州国、解放戦争、復員してからの大鳴大放と「右派分子」の烙印、投獄、そして農村での過酷な「労働改造」──。幾多の辛酸をなめながら、ついにアカシアの町に帰る日が来る! 名もなき市井人の目で見た、20世紀中国の激烈な個人史。

劉鴻運(リュウ・ホンユン)
1929年大連市生まれ。大連市土佐町公学堂から1941年大連南山国民学校3年生に転入、1948年中国人民解放軍に志願入隊、解放戦争に参加、1954年退役し大連に。1955年大連市甘井子区周家街小学校の教員になるが、1957年「右派分子」と認定され失職、裁判で有罪とされ下獄。1958年から9年間服役、釈放後大連へ。1969年から13年間、志願して一家で遼寧省復州域鎮の農村に「下郷」。1982年大連に一家で戻り、以後は年金生活者として大連に居住。

田所泉(たどころ・いずみ)
1932年大連市生まれ。1957年東京大学経済学部卒業。1957~1995年日本新聞協会事務局に勤務。1971~2001年いくつかの私立大学で非常勤講師としてマスメディア論、比較マスコミュニケーション論、国際コミュニケーション論などを講義。著書に『歌くらべ──明治天皇と昭和天皇』『新編『新日本文学』の運動』『大正天皇の〈文学〉』『昭和天皇の〈文学〉』『楠ノ木考 田所泉作品集』。

【著者関連本】
田所泉(著)『昭和天皇の〈文学〉』
田所泉(著)『楠ノ木考 田所泉作品集』
ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社