風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422






四六判ソフトカバー
196ページ
2007年12月発行
本体1,500円
ISBN978-4-89219-297-5


amazonで購入


hontoで購入


丸善&ジュンク堂で購入


文学空間04 夜の文学
20世紀文学研究会(編)

【目次】
翻訳を翻訳する──多和田葉子の『アルファベットの傷口』(満谷マーガレット)
名づけるというわざ──夜のポエティックス(小口未散)
折口信夫の『死者の書』と夜について(近藤耕人)
ドレースデン大空襲と文学(神品邦夫)
夜の文学──その形は?(大橋健三郎)
父は暗闇に座っている。(ジェローム・ワイドマン/井上謙治訳)
深夜の寒気(サミュエル・テイラー・コウリッジ/酒井格訳)
写真「夜のパッサージュ」(伊勢功治)
紛争の描き方──小説『ユリーカ・ストリート』に見るベルファスト(北文美子)
ドイツ『MANGA』事情(松澤淳)
あの青空は、なお……(高橋よし子)
系統発生(榎本眞理子)
「エルサレムよ、もしあなたがわたしを忘れるならば、……」──アメリカ・ユダヤ系作家とイスラエル建国(稲田武彦)
ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社