風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422






B5判上製
64ページ
2007年4月発行
本体2,000円
ISBN978-4-89219-288-3


amazonで購入


hontoで購入


丸善&ジュンク堂で購入


Objectglass12 オブジェクトグラス
石塚公昭(人形・写真・文)

文士、あるいはミュージシャンの人形をつくり、ゆかりの場所、または夢想の風景に写真として収める独特な手法で作品を生みだす石塚公昭。10年ひとくぎりの作家・文士シリーズの集大成。石塚が偏愛する12人の面々を、作家愛あふるる短文を添えて紹介する。

「澁澤を読んだことがきっかけになり、目指していた陶芸家の道から逸れてしまった私だが、人形を作り始めたことと澁澤とは関係がない。ジャズやブルースばかり聴いていたので、そんなミュージシャン像をたまたま手捻りしたのがきっかけである。いずれは作品を携え本人に会いに行きたかったが、作っているのがジャズマンでは仕方がない。神田の古書店にて、店主が電話で澁澤入院を小声で話しているのを耳にしたとき、また亡くなった時の気持は、未だに忘れることができない。後に澁澤邸にて撮影させていただいた際、もっと早く作家・文士シリーズを思い付くべきだった、と後悔したものである」(制作ノートより)

【収録作品】
澁澤龍彦
稲垣足穂
泉鏡花
村山槐多
谷崎潤一郎
中井英夫
江戸川乱歩
永井荷風
夢野久作
ジャン・コクトー
寺山修司
三島由紀夫

石塚公昭(いしづか・きみあき)
人形作家・写真家。1957年東京生まれ。1977年東京クラフトデザイン研究所陶磁器科卒。1977-79年岐阜県瑞浪市、茨城県高萩市にて製陶業に従事。1980年人形制作、1991年廃れた写真古典技法オイルプリント、1996年人形の写真撮影を始める。実在の人物をモデルに人形(40〜50cm)を制作し写真と組み合わせることで、見たことのない風景を現出させる。ロバート・ジョンソンなど黒人ミュージシャン・シリーズ、江戸川乱歩や澁澤龍彥など作家・文士シリーズを展開。著書に『乱歩 夜の夢こそまこと』(パロル舎、2005)、泉鏡花『貝の穴に河童の居る事』(風濤社、2013)。装丁多数、最近の仕事に伊集院静『作家の遊び方』、亀山郁夫『偏愛記─ドストエフスキーをめぐる旅』など。「中央公論Adagio」表紙画(全25号)。江戸東京たてもの園、世田谷文学館等、展覧会多数。
http://www.kimiaki.net

【著者関連本】
泉鏡花(著)/石塚公昭(人形・写真)『貝の穴に河童の居る事』
ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社