風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422






四六変判上製
192ページ
2015年5月発行
本体2,400円
ISBN978-4-89219-396-5


amazonで購入


hontoで購入


丸善&ジュンク堂で購入


性の夜想曲ーーチェコ・シュルレアリスムの〈エロス〉と〈夢〉
ヴィーチェスラフ・ネズヴァル/インジフ・シュティルスキー(著)/赤塚若樹(編訳)

チェコ・シュルレアリスムの巨匠ネズヴァルとシュティルスキー

好事家向けに頒布された〈エロティック短篇〉と創作の原動力になった〈夢日記〉。
テクストと図版が織りなす、チェコにおけるシュルレアリスムの実践!
グレーの用紙に刷られた、愛書家も喜ぶ造本。

【目次】
第1部 エロス
ネズヴァル『性の夜想曲』
シュティルスキー『エミリエが夢のなかで私の許にやってくる』

第2部 夢
シュティルスキー『夢(一九二五―一九四〇年)』(抄)
  エミリエの夢
  雪花石膏の小さな手の夢
  二匹の小さなヘビの夢
  刺青をした赤ん坊の夢
  乳房の夢
  スカトロジーの夢
  打ち捨てられた家の夢
  水掻きのある手の夢 ほか

  *

ネズヴァル『私の人生より』(抄)

ヴィーチェスラフ・ネズヴァル Vítězslav Nezval 1900-1958
20世紀前半のチェコ文学を代表する詩人。
1900年、南モラヴィアのブルノ近郊の町ビスコウプキに生まれる。1920年代にアヴァンギャルド芸術家のグループ、デヴィエトシルに参加し、ポエティズムと呼ばれるチェコ独自の芸術運動を推し進める。その後フランスのシュルレアリストたちとの親交を深め、1934年にシュティルスキー、トワイヤンらとともにチェコスロヴァキアのシュルレアリスム・グループを結成。晩年は社会主義リアリズムに傾倒することもあったが、とりわけアヴァンギャルドの領域において成し遂げた文学的・芸術的偉業には比類のないものがある。
詩のほかに散文フィクション、エッセイ、批評、戯曲、翻訳、児童文学なども手がけた。1958年、プラハにて逝去。邦訳『少女ヴァレリエと不思議な一週間』(風濤社)。

インジフ・シュティルスキーJindřich Štyrský 1899-1942
20世紀前半のチェコ・アヴァンギャルドを代表する画家。
1899年、ボヘミア北部のチェルムナー・ウ・キシュペルカに生まれる。プラハの芸術アカデミーで絵画を学んだ後、ネズヴァルと知り合い、1923年にデヴィエトシルに参加、頭角をあらわしていく。1925-28年、トワイヤンとともにパリで暮らし、「現実の抽象的認識」を試みる絵画のスタイル、人工主義(アルティフィツィアリズムス)を追求。
その後シュルレアリスムに傾倒し、1934年にネズヴァル、トワイヤンらとともにチェコスロヴァキアのシュルレアリスム・グループを結成する。ふたたびパリに赴くが、心臓病を患い、1942年にプラハにて逝去。写真、コラージュ、装幀、舞台美術、批評、詩作なども手がけた。

赤塚若樹(あかつか・わかぎ)
東京都生まれ。現代アート、とりわけ文学、映画・映像、音楽に関心がある。
著書に『ミラン・クンデラと小説』(水声社)、『シュヴァンクマイエルとチェコ・アート』(未知谷)、共著に『ブルーノ・シュルツの世界』(成文社)、編集・翻訳書に『シュヴァンクマイエルの世界』(国書刊行会)、『チェコ・アニメーションの世界』(人文書院)、翻訳書にF. M. ロビンソン『山高帽の男―歴史とイコノグラフィー』(水声社)、V. ネズヴァル『少女ヴァレリエと不思議な一週間』(風濤社)、共訳書にM. オクチュリエ『ロシア・フォルマリズム』(白水社)などがある。首都大学東京大学院人文科学研究科教授。

【関連書籍】
ヴィーチェスラフ・ネズヴァル(著)/赤塚若樹(訳)/黒坂圭太(挿絵)『少女ヴァレリエと不思議な一週間』
ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社