風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422






四六判変上製
248ページ
2015年11月発行
本体2,800円
ISBN978-4-89219-406-1


amazonで購入


hontoで購入


丸善&ジュンク堂で購入


ヘミングウェイの愛したスペイン
今村楯夫(著)

闘牛に憑かれた!
スペインの風景・人々・絵画・食を愛したヘミングウェイ!

ヘミングウェイ研究の第一人者が闘牛書『午後の死』を片手に足跡をたどりスペインを巡る。闘牛場、ゴヤ、ミロ、大聖堂、レストランetc.同じ風景に見、思い、感じ、発見したもの。文学論・美術論・紀行。図版90数点収録。

【目次】

はじめに 1
第1章 スペインに魅了されたヘミングウェイ 15
第2章 国境を巡って 1923 vs. 1953 32
第3章 闘牛の美学 54
第4章 闘牛とゴヤの故郷 サラゴーサ〜フエンデトードス 66v
第5章 白い象のような山なみ カセタス駅での出来事 96
第6章 白いアスパラガス アランフェス 111
第7章 同時代の画家とヘミングウェイ 129
第8章 ミロの故郷への旅 モンロッチ 146
第9章 世界で一番おいしいレストラン マドリッド1 178
第10章 「世界の首都」のレストラン マドリッド2 187
第11章 エル・グレコの世界 トレド 204
第12章 ゴヤの霊廟 マドリッド3 220

 コラム1 ヘミングウェイとガートルード・スタイン 30
 コラム2 ヘミングウェイとロバート・キャパ 52
 コラム3 ゴヤの『戦争の惨禍』 95
 コラム4 ヘミングウェイと酒 110
 コラム5 ヘミングウェイとフィッツジェラルドと編集者パーキンズ 145
 コラム6 モンジュイックの丘 218

あとがき 234
主要参考文献 241 /年譜ヘミングウェイとスペイン 245

今村楯夫(いまむら・たてお)
1943年生まれ。ニューヨーク州立大学大学院博士課程修了。
東京女子大学名誉教授、日本ヘミングウェイ協会顧問。

主な著書
『ヘミングウェイと猫と女たち』(新潮選書)
『ヘミングウェイのパリ・ガイド』(小学館)
『ヘミングウェイの言葉』(新潮新書)
『「キリマンジャロの雪」を夢見て――ヘミングウェイの彼方へ』(柏艪舎)
『ヘミングウェイ大事典』(監修・共著、勉誠出版)
『お洒落名人 ヘミングウェイの流儀』(共著、新潮文庫)
『ヘミングウェイとパウンドのヴェネツィア』 (共著、彩流社)

主な訳書
レイモンド・フェダマン『嫌ならやめとけ』(水声社)
ハロルド・ジェフィ『ストレート・レザー』(新潮社)
ハロルド・ジェフィ『エロスアンチ・エロス』(水声社)
『自分の同類を愛した男――英国モダニズム短篇集』(共訳、風濤社)
『世を騒がす嘘つき男――英国モダニズム短篇集2』(共訳、風濤社)
サキ『レジナルド』『四角い卵』(共訳、風濤社)
ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社