風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422






四六判上製
256ページ
2016年10月発行
本体2,800円
ISBN978-4-89219-422-1


amazonで購入


hontoで購入

ブラック・ホークの自伝──あるアメリカン・インディアンの闘争の日々
ブラック・ホーク(著)/アントワーヌ・ルクレール(編)/高野一良(訳)

アメリカン・インディアンの自伝 ソーク族のリーダー

南北戦争の数十年前、急拡大するアメリカ合衆国の脅威の下、
ソーク族は故郷喪失の危機に瀕する――戦うか! 屈するか!
リーダたちの逡巡、さまざまな友情。虐げられし者たちの声を聞け!
アメリカの歴史上初めて、インディアン自らの一生を書物の形に仕立て上げ、
ベストセラーとなった貴重な戦記、あるいは民族誌。

「彼はこう考えているようだ。自分、そして我が部族に対して正義が行われていない。部族の者たちが白人から受けた危害や屈辱。なぜ父祖の地で戦争をするに至ったのか、その理由。そして戦争全般の経緯。彼と共に勇敢に戦ってくれた者の生き残りや家族の者など、数少ない部族の者たちを救うためには、自らが語るしか道は残っていない。これがブラック・ホークの切なる思いだ」(編者アントワーヌ・ルクレール)

ブラック・ホーク(Black Hawk)1767-1838
19世紀前半、アメリカ合衆国の五大湖周辺地域を生活拠点としていたソーク族のリーダーの一人。部族間抗争や米英戦争の中で主に軍事面のリーダーとして部族内で頭角を現した。
1804年にソーク族とアメリカ合衆国政府との間で結ばれた条約によって、ソーク族はミシシッピー川以東の土地をアメリカ側に割譲することになったが、ブラック・ホークらはこの条約の正当性を認めず、アメリカ合衆国政府に抵抗し続けた。
1832年、故郷を目指したブラック・ホークらは、アメリカ軍との衝突を重ねつつ、逃避行の旅を続けた。最終的にブラック・ホークに導かれたソーク族の者たちの多くは殲滅され、ブラック・ホーク自身も投降し、通称「ブラック・ホーク戦争」は終結する。
戦後捕虜となったブラック・ホークは通訳アントワーヌ・ルクレールの助力を得、1833年、本書『ブラック・ホークの自伝』を出版した。

高野一良(たかの・かずよし)
1959年生まれ。東京都立大学人文学部講師、助教授を経て、現在、首都大学東京教授。専攻領域はアメリカ文学及びアメリカ文化。
『アメリカの嘆き―米文学史の中のピューリタニズム』(共編著、松柏社、1999年)、『メルヴィル後期を読む』(共著、中央大学出版部、2008年)、マーガレット・フラー『五大湖の夏』(訳書、未知谷、2011年)、『アメリカン・フロンティアの原風景――西部劇・先住民・奴隷制・科学・宗教』(風濤社、2013年)など。

【関連書籍】
高野一良『アメリカン・フロンティアの原風景―西部劇・先住民・奴隷制・科学・宗教』(風濤社、2013年)など。
ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社