風濤社 〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4F TEL/03-3813-3421 FAX/03-3813-3422





新刊

子どものむし歯予防は食生活がすべて──4人の子どもに歯を磨かせなかった歯科医の話
黒沢誠人、幕内秀夫(著)
本体1,400円

「歯磨き」ではなく「なに」を「どう」食べるか。歯を磨かなかったら、むし歯は出来るのか? 歯科医だからこそ出来た実験。そこから、見えてきたことは……

ジャック日記──she is 92 years old
木村かほる(著)
本体1,300円

90歳をこえたら、母がジャックになっちゃった!
画家の娘から見た、笑いありケンカありの92歳の母、介護絵日記。

ロボブーマー
菴連也(著)
本体1,400円

2000万人に1人のボクは、絵の中で楽しく遊ぶ。ポップで明るい色づかいの絵は下書きもなく一気に描かれ、ロボットたちがユーモアたっぷりに動きだす!
難病「高IgD症候群」と闘う16歳が描く画文集。

ゆかいなちびっこモンスター──はがいたい!のまき
たんじあきこ(作)
本体1,200円

ハロウィンにかわいいモンスターはいかが?
メデューサ、ドラキュラ、ミイラ、おおかみおとこ……みーんなちびっこ!
9人と2匹が巻き起こす虫歯騒動!
らいおんbooks第4弾。

ファントマ
ピエール・スヴェストル、マルセル・アラン(著)/赤塚敬子(訳)
本体2,500円

二〇世紀初頭パリ……神出鬼没の百面相。すべての極悪犯罪にファントマの影を感じ、敏腕ジューヴ警部が追う――。1910年代フランスを熱狂させたベストセラー大衆小説、ここに完訳。横尾忠則氏装幀。

かたつむりくん──ゆっくりだって、いいのよ〜ん
かとうまふみ(作)
本体1,400円

「ぬふふ。ぼくはいつでも ゆっくりなのよ~ん」お庭の哲学者・かたつむりくんの「ゆっくり ゆっくり哲学」で、親子のゆったりのんびり時間を味わってみませんか?
らいおんbooks第3弾。

一角獣の変身――青木画廊クロニクル1961〜2016
青木画廊(編)
本体2,800円

ようこそ幻想絵画の巣窟へ――。ウィーン幻想派の紹介、金子國義、四谷シモンの展覧会デビューで1960年代〜70年代はアヴァンギャルドの牙城となり、瀧口修造、澁澤龍彥もオブザーバー的にかかわった孤高の画廊。70数作家、寄稿文7本、座談会5本、展覧会パンフレットテクスト90本で辿る55年間の軌跡!

[新装版]身体と心が求める栄養学
ルドルフ・シュタイナー(著)/西川隆範(編訳)
本体2,200円

食は心にも届く。感覚をはぐくむ。摂取した栄養は体内をめぐり心を刺激する。食物と人間の関わりを解き明かす講義8篇。

?TOPICSトピックス
———2017年
★「朝日新聞」にてブラック・ホーク著『ブラック・ホークの自伝』の書評掲載(2017年1月15日号/評者・中村和恵)

★「図書新聞」にてルネ・クルヴェル著『おまえたちは狂人か』の書評掲載(2017年1月14日号/評者・鈴木雅雄)

———2015年
★『少女ヴァレリエと不思議な一週間』刊行記念~黒坂圭太「少女ヴァレリエ展」space●cafe ポレポレ坐/2015.2/17(火)~22(日)

—2014年
「『空虚人と苦薔薇の物語』刊行記念~建石修志・挿画展」青木画廊/2014.12/08(月)~20(土)

★ドーマル『空虚人と苦薔薇の物語』(風濤社)刊行記念「巖谷國士氏トーク&サイン会」〜『類推の山』の話中話、世にも不思議な物語〜
11月25日(火) 19時〜(開場18時30分)東京堂書店神田神保町店6階 東京堂ホール  参加費800円(要予約・ドリンク付き)

★産経新聞 書評欄で〈20世紀英国モダニズム小説集成〉『なついた羚羊』が紹介されました!(3月2日)

———2013年
★朝日新聞 書評欄〈書評委員が選ぶ「今年の3点」〉で『ファントマ──悪党的想像力』が紹介されました!(12月29日)

『スコープ少年の不思議な旅』の桑原弘明「Scope展」が12月 14日 〜 25日/スパンアートギャラリーにて開催、

★朝日新聞 書評欄で『ファントマ──悪党的想像力』が紹介されました!(11月10日)

★産経新聞 書評欄で『貝の穴に河童の居る事』が紹介されました!(10月27日)

★石塚公昭『貝の穴に河童の居る事』の写真作品を展示!
鏡花生誕140年記念特別展「泉名月氏旧蔵 泉鏡花遺品展」に併せての展観(鏡花記念館、10/5〜12月)

★フェア開催!
〈シュルレアリスムの本棚〉創刊記念『シュルレアリスム・フェア』
オリオン書房ノルテ店(開催中)、オリオン書房ルミネ店(9/1〜)
で同時開催!

★朝日新聞 書評欄で『富士山・村山古道を歩く』が紹介されました!(7月28日)

★原画展開催!
「ほるぷ出版「アブナイかえりみち」山本孝 風濤社「えんぎもん」青山友美 たまたま夫婦で原画展」
2013年07月2日〜15日/MARUZEN & ジュンク堂 梅田店

〈シュルレアリスムの本棚〉創刊!
20世紀最大の前衛芸術運動シュルレアリスム 実験表現の宝の山には、まだ未紹介の作品が埋もれている 生粋のシュルレアリストはもちろん、その周辺域で活動した作家・詩人、 すべて本邦初訳となる待望のシリーズ!
詳細解説添
☆ルネ・ドーマル『大いなる酒宴』谷口亜沙子(訳・解説)6月14日刊行
☆バンジャマン・ペレ『サン=ジェルマン大通り一二五番地で』鈴木雅雄(訳・解説)7月上旬刊行
☆ジュリアン・グラック『街道日誌』永井敦子(訳・解説)刊行予定
☆エルネスト・ド・ジャンジャンバック『パリのサタン』鈴木雅雄(訳・解説)刊行予定
☆ルネ・クルヴェル『おまえたちは狂人か』鈴木大悟(訳・解説)刊行予定

★朝日新聞 書評欄で『カールシュタイン城夜話』が紹介されました!(3月31日)

事務所移転のお知らせ(1月15日より東京都文京区本郷3-17-13 本郷タナベビル4Fに移転いたしました)

———2012年
★テレビ朝日系列「世界が愛した絵本」で『おはなしよんで、アンニパンニ!』が紹介されました(6月3日)
風濤社Twitter

風濤社Facebook



漫画家・東村アキコさん絶讃!『ママはテンパリスト』4巻(集英社)に『絵本 地獄』が登場!
「うちの子はこの本のおかげで悪さをしなくなりました」
・各メディアで紹介、注文殺到中!
———2014年
★日本テレビ「ヒルナンデス!」で紹介されました!(3月26日)

———2013年
★フジテレビ「アゲるテレビ」で紹介されました!(8月27日)

———2012年
★京都新聞 紹介(12月4日付)
★TBSテレビ系列「王様のブランチ」で紹介されました!(12月8日)
★ニッポン放送「高嶋ひでたけのあさラジ!」で紹介されました!(12月5日)
★関西テレビ「世間の裏側のぞき見バラエティ ウラマヨ!」で紹介されました!(11月10日)
★東京新聞 書評欄紹介(10月14日付)
★中日新聞 紹介(9月4日付)
★北海道新聞 紹介(9月3日付夕刊)
★SBSラジオ「朝だす!」で 紹介されました!(8月28日)
★毎日新聞 紹介(8月25日付夕刊/九州版)
★AERA 紹介(7月16日号)
★朝日新聞 紹介(7月4日付)
★週刊朝日 紹介(6月29日号)
★朝日新聞一面トップ(6月25日付夕刊/関西版)
★週刊文春 紹介(6月21日号)
★文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」で 紹介されました!(6月21日)
★日本テレビ系列「スッキリ!!」で紹介されました!(6月21日)
★読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」で紹介されました!(6月14日)
★朝日放送「おはよう朝日です」で紹介されました!(6月13日)
★愛媛新聞 紹介(6月9日付)
★テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」で紹介されました!(6月8日)
★朝日放送「おはようコールABC」で紹介されました!(6月5日)
★関西テレビ「流行りんモンロー!」で紹介されました!(6月4日)
★中国放送ラジオ「日々感謝。ヒビカン」で紹介されました!(5月31日)
★日本テレビ系列「月曜から夜ふかし」で紹介されました!(5月21日)
★朝日新聞デジタル版「地獄絵の生々しさ、子どものしつけに人気」(4月25日付)
★TBSテレビ系列「みのもんたの朝ズバッ!」で紹介されました!(4月24日)
★TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」で紹介されました!(4月24日)
★東京新聞「こちら特報部」(4月18日付)
★フジテレビ系列「知りたがり!」で紹介されました!(4月17日)
★NHK松山「いよXイチ」で紹介されました!(4月17日)
★産経新聞「産経抄」(4月2日付)
★フジテレビ系列「とくダネ!」で紹介されました!(3月30日)
★女性自身 紹介(3月13日号)
★読売新聞「イマ推しっ!」(2月8日付夕刊)

ブルンミとアンニパンニキップコップ絵本・地獄シュタイナーシュルレアリスムの本棚風濤社